管理パネル:コラボレーション設定

管理パネルの [コラボレーション] タイルでは、組織のセキュリティニーズに合わせてチームの共有設定を調整できます。 また、チームフォルダとチームアセットを有効にすることで、チームの生産性を高めることもできます。

tile.png

高度なコラボレーションセキュリティ制御とチームフォルダは、エンタープライズアカウントでのみ使用できます。 エンタープライズアカウントへのアップグレードについては、 価格設定ページ をご覧いただくか、営業チームまでお問い合わせください

チーム管理者またはエンタープライズ管理者は、管理パネルのコラボレーションタイルの [ コラボレーション設定 ] フィンガータブで次の設定を調整できます。
  • アカウントのユーザーが、ドキュメント、画像、フォルダをアカウントのすべてのユーザーと同時に共有できる機能
  • ユーザーが特定の画像を共有する機能(すべての画像が自動的に共有されるのではなく)
  • ユーザーがエディタでチャットを使用する機能
スクリーン_ショット_2020-01-27_at_10.28.16_AM.png
エンタープライズ管理者は、管理パネルのコラボレーションタイルの [コラボレーション設定] セクションで、次の設定を調整できます。
スクリーン_ショット_2020-03-18_at_6.50.57_AM__チャンス_ラメ.png
共有可能なリンク
この設定では、アカウントのユーザーが Lucidchart ドキュメントへのアクセスリンクを作成できるかどうかを制御できます。 これを「公開」に設定すると、ユーザーは公開リンクまたはアカウントのみのリンクを作成できます。 これを「制限付き」に設定すると、ユーザーは自分のアカウントの他のユーザーがアクセスできるリンクのみを作成できます。 注:「制限」オプションは既存の文書リンクに遡って適用されますが、「オフ」オプションは既存のリンクには影響しません。

電子メールによる共有
  • ドメインによる共有を制限しない: このオプションを選択すると、ユーザーは任意のドメインのユーザーへ情報を共有できるようになります。
  • [特定のドメイン外の電子メールにドキュメントを共有するチームメンバーに警告する]: このオプションを選択すると、ユーザーがホワイトリストに登録されたドメイン外のドキュメントを共有しようとするたびに、警告メッセージがユーザーに送信されます。
  • ドメインの共有を制限する:このオプションを選択すると、ユーザーはホワイトリストに登録されたドメインを持つユーザーにのみドキュメントを共有できます。 ユーザーがホワイトリスト外で共有しようとすると、許可されていないという通知が表示されます。

    共有ドメインに基づいてユーザーに警告または制限を選択している場合は、[ドメインの制限] セクションの下部にあるテキストボックスに、ホワイトリストに登録する許可されたドメインを入力できます。 そうしないと、チーム全員がドキュメントを共有しようとするたびに警告され、制限されます。
[発行
] この設定では、アカウントのユーザーが Web ページにドキュメントを発行できるかどうかを制御できます。
デフォルトでは、組織内のすべてのユーザがチームフォルダを作成できます。 チームフォルダーの作成機能を管理者のみに制限するには、次の手順を実行します。
  1. 管理パネルの [コラボレーション] タイルにある [ チームフォルダの設定 ] フィンガータブをクリックします。
  2. [ 管理者のみにチームフォルダの作成を許可する]の横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. テキストボックスに管理者名、電子メール、電話番号、または weblink を入力します。
  4. [ 変更を保存]をクリックします。

    team_folders.png
チーム管理者またはエンタープライズ管理者は、アカウントのすべてのユーザーが使用できるチームフォントをアップロードできます。 これを行うには、[ チームアセット ] フィンガータブをクリックし、+ 記号をクリックしてフォントファイルをアップロードします。

collaboration_tile_team_assets.png