管理パネル:ユーザー管理

管理パネルの[ユーザー]タイルで、Lucidchartチームまたはエンタープライズアカウントのユーザーを追加、表示、管理できます。

admin_panel_users_tile.png

多くのチーム管理統合は、エンタープライズアカウントでのみ利用可能です。エンタープライズアカウントにアップグレードするには、 価格設定ページまたはご覧ください。営業チームにお問い合わせください

ユーザータイルを開くと、ユーザーページが表示され、Lucidchartチームまたはエンタープライズアカウントの現在の状態が表示されます。

Screen_Shot_2019-05-21_at_11.12.52_AM.png


ユーザーリスト
ページの中央にユーザーリストが表示され、各行がアカウントのユーザーを表します。 [アクション> CSVのエクスポート]をクリックして、このリストをCSVとしてエクスポートできます。

user_list.png

ユーザーの情報を表示するには、ユーザーリストの行をクリックします。表示されるパネルで、ライセンスの種類、グループ、または役割を変更できます。

左側の"すべてのユーザー"ドロップダウンから次のオプションのいずれかを選択して、ユーザーリストをフィルターできます。
  • すべてのユーザー :ライセンスの種類に関係なくすべてのユーザー
  • ライセンス済みユーザー :Lucidchartのフル編集ライセンスを持っているユーザー
  • 表示専用ユーザー :表示専用機能を持つユーザー
  • 保留中の招待 :組織に招待された個人' s参加への招待をまだ受け入れていないLucidchartアカウント
  • 要求されたLucidchart :Lucidchartライセンスを要求した表示専用ユーザー
チームツリー
ユーザーリストの左側には、アカウントのユーザーの階層を表すチームツリーがあります。あなたのチーム名はツリーの上部に表示され、その下にはそれを構成するグループとサブグループが表示されます。グループを作成してユーザーを取り込む方法については、以下の「チームとグループの管理」セクションをご覧ください。

team_tree.png

ライセンス数
チームツリーの下のオレンジ色と緑色のバーは、チームのライセンス数を表します。 [追加]をクリックして、ライセンスを追加購入します。管理者は、アカウント内のユーザーにライセンスを簡単に再割り当てできます。これを行うには、名前をクリックしてユーザーを選択します。画面の右側にある"ライセンス"横にある"編集"クリックします。表示されるウィンドウで、 "ライセンス"下の" Lucidchart "隣のボックスをオンまたはオフにして、そのユーザーのライセンスを追加または削除します。そのユーザーのライセンスを削除する場合、[ "新規ドキュメント所有者"フィールドにメールアドレスを入力して、ユーザーのファイルを組織内の別の人に転送するオプションがあります。このフィールドには、現在アカウントにあるユーザーが自動的に入力されます。

license_count.png
ユーザーは個別にまたは一括で追加できます。個別のユーザーをメールで追加するには、ユーザーリストの下のテキストボックスにメールアドレスを入力し、[チームに招待]をクリックします

Screen_Shot_2019-06-05_at_9.53.10_AM.png

Screen_Shot_2019-06-05_at_9.54.02_AM.png

[+ユーザー]または[ "ユーザーを招待]をクリックして複数のメールを入力できます。 "

Screen_Shot_2019-06-05_at_9.58.04_AM.png

新しいユーザーのアカウントにさらにパーソナライズされた情報を追加する場合は、「手動で追加」指タブを選択します。ユーザー入力また'秒の名前と電子メールを、あなたはグループに新しいユーザを割り当てて、彼らのためにパスワードを設定することができます。

Screen_Shot_2019-06-05_at_10.00.02_AM.png
一度に複数のユーザーをチームに追加する場合は、Googleインスタンス(GSuiteと統合されている場合)からドメインのリストを取得するか、CSVアップロードによって追加できます。

CSVアップロードによりユーザーを一括で追加するには、次の手順を実行します。
  1. 次の形式でスプレッドシートを作成し、.csvファイルとして保存します。
  2. Lucidchartで、Team > Usersをクリックしてから、「Invite multiple users」をクリックします。
  3. 「CSVアップロード」フィンガータブを選択します。
  4. [ファイルを選択]をクリックして、.csvを選択します。
  5. 右下の「チームに追加」をクリックします。
アカウント所有者とチーム管理者は、エンタープライズアカウントのユーザーのライセンスを管理できます。参照してくださいエンタープライズライセンスのヘルプセンターの記事ユーザーのライセンスを付与または削除する手順についてを。
グループを使用して、部門や地域などの関連基準に基づいてチームを分割します。グループは、ユーザー間の簡単なユーザー管理とファイル共有を促進します。

ユーザーリストの左側に、Lucidchartアカウントの組織構造を表すツリーが表示されます。上部にチーム名が表示されます-これは、アカウントのすべてのユーザーを含む親グループです。グループとサブグループは、この下にネストされます。グループを作成するには、チーム名の横にある鉛筆アイコンをクリックし、「 "グループを作成」を選択します。 "
ユーザーの名前を右クリックして、どのグループにいるかを確認し、「グループの編集」をクリックして別のグループに追加します。そのユーザーは、そのグループと共有されているドキュメントとフォルダーを共有およびアクセスできます。
グループ管理者は、グループレベルで割り当てることができる管理者であり、組織のチームまたは部門に応じてエンタープライズアカウントを管理できます。

アカウント所有者またはチーム管理者として、次の手順に従ってグループ管理者を割り当てることができます。
  1. [ チーム ] > [ ユーザー ] に移動します。
  2. グループ管理者を割り当てるグループを右クリックします。
  3. [ グループ管理者の管理] を選択します。

    スクリーン_ショット_2020-02-03_at_11.36.29_AM.png
グループ管理者の機能と機能は次のとおりです。
  • グループ管理者は、割り当てられたグループの表示専用ユーザーからのライセンス要求に応答できます。
  • アカウント所有者とチーム管理者は、グループ管理者によって管理されているユーザーのライセンス要求メールの受信をオプトアウトできます。
ユーザーを削除するには、ユーザーリストでユーザー名を右クリックし、[ユーザーの削除]を選択します。ダイアログにユーザーのアカウントアクティビティが表示されます。組織内のそのユーザーのファイルに新しいコンテンツ所有者を割り当てるオプションがあります。

画像__1__ _1_.png

注:
  • 削除時にユーザーのドキュメントを別のユーザーに転送しないと、作成されたドキュメントはすべて失われます。
  • ユーザーを削除すると、そのユーザーはLucidchartアカウントから完全に削除されます。別の方法として、ユーザーのライセンスを解除できます。引き続きドキュメントを転送する必要がありますが、それらはビュー専用ユーザーとしてアカウントに残ります。
Lucidchart Enterpriseアカウントには、アカウント所有者、チーム管理者、グループ管理者、および請求管理者の4つの異なる管理者ロールが関連付けられています。各役割に関連する機能については、以下の表をご覧ください。

  アカウント所有者 チーム管理者 グループ管理者 請求管理者
サブスクリプションレベルを変更する x     x
請求履歴を表示する x     x
アカウント全体の統合を管理する x x    
アカウント全体の設定を管理する(例:コラボレーション、ID管理) x x    
ユーザーを追加および削除する x x    
ライセンスユーザーとライセンスなしユーザー x x x  
他の管理者の役割を変更する x x  
ライセンスのない(表示専用)ユーザーになる *下記の注を参照 x x x

*次のことに注意してください。
  • アカウントには1人のアカウント所有者しか設定できませんが、チームと請求管理者は無制限に設定できます。
  • チーム管理者は他のユーザーに課金管理者の役割を割り当てることができますが、自分自身に割り当てることはできません。
  • アカウント所有者とチーム管理者は、他の(課金および/またはチーム)管理者のライセンスを削除できますが、自分のライセンスを追加または削除することはできません。
  • アカウントの所有者であり、ライセンスを取得したくない場合は、support @ lucidchart.comまでご連絡ください。
現在アカウント所有者である場合は、 管理パネルの [ユーザー] タイルの下からこの変更を行うことができます 。まず、新しいアカウント所有者にしたいユーザーを選択し、「アクション」を選択し、「アカウント所有者にする」を選択します。
現在アカウント所有者でない場合は、アカウント所有者に 連絡するか、サポートにお問い合わせください