Lucidchartドキュメントのエクスポート/ダウンロード

作成した文書をさまざまな形式でエクスポートすると共有、公開、印刷が簡単になり、便利です。Lucidchart では、PDF、PNG、JPEG、SVG 形式に加え、図形データを VDX (Visio) ファイルや CSV 形式でエクスポートすることができます。以下では、さまざまなファイル形式で文書をエクスポートする方法を紹介しています。

PDF、PNG、JPEG、SVG ファイルとして文書をエクスポートする手順は以下の通りです。
  1. エクスポートしたい Lucidchart の文書を開きます。
  2. File > Exportに移動して、目的のファイル形式を選択します

    export_doc_to_pdf.png

  3. ドキュメントページの下のドロップダウンメニューを開き、エクスポートするページの横にあるチェックボックスをオンにして、エクスポートするドキュメントのページを選択します。すべてをエクスポートする場合は、「すべて」を選択します。

    select_pages_to_export.png

  4. ダウンロード設定をカスタマイズします。詳細については以下のセクションを参照してください。ドキュメントの書式設定の詳細については、ヘルプページのページおよびドキュメント設定記事を参照してください。
  5. [ダウンロード] をクリックします。文書がローカルデバイスにダウンロードされます。
ダウンロードするファイル形式に応じて、ファイルの形式のさまざまな要素をカスタマイズできます。

PDF、PNG、JPEG、およびSVGの場合、ダウンロードする前にドキュメントを切り抜くオプションがあります。 コンテンツをトリミングを選択して、ドキュメントのコンテンツの周囲の空白を削除できます。このオプションには、ドキュメントのページタイルから外れたコンテンツも含まれます。

crop_to_content.png

切り取りたいコンテンツの領域を選択する場合は、 Custom Crop 選択し、選択フレームの角と側面からドラッグして、ダウンロードするコンテンツを囲みます。 。

custom_crop.png

フレームが希望のサイズと形状になったら、 続行クリックします。
JPEGまたはPNGにダウンロードする場合は、ダウンロードしたコンテンツの画像ファイルのコンテンツ品質を調整するオプションがあります。 「品質」ドロップダウンから次のオプションのいずれかを選択します。
  • 現在の拡大レベル
  • 画面品質
  • 印刷品質
の多層ドキュメントをエクスポートしていますか?各レイヤーを個別のページにエクスポートするには、ドキュメントをPDFとしてダウンロードし、ダウンロード設定の[ドキュメントページ]の横にある[レイヤーを含める]を選択します。多層ドキュメントダウンロードの詳細については、こちらをご覧ください。
PDFにダウンロードする場合、ダウンロードしたドキュメントをページタイルで分割するオプションがあります。これを行うには、コンテンツの下にある「ページタイルで分割」を選択します。このオプションを選択すると、Lucidchartはページを個々のページと同じ方法で処理するため、多くのページがダウンロードされたファイルになる可能性があります。

ページ設定でページタイルを表示したり、サイズを調整したりすることができます(これにアクセスするには、ダウンロードウィンドウを閉じる必要があります)。
Lucidchartドキュメントに関連付けられた形状データのCSVを生成するには、次の手順を実行します。
  1. ドキュメントを開きます。
  2. ファイル>エクスポート>形状データのCSV。

    export_to_csv_of_shape_data.png

  3. 対応する CSV ファイルがローカルデバイスにダウンロードされます。このファイルには、図形の名前、図形ライブラリ、テキストフィールドとデータが含まれます。図形データの詳細については、記事「CSV からのプロセス図のインポート」を参照してください。
ドキュメントをVisioファイルとしてエクスポートするには、次の手順を実行します。
  1. ドキュメントを開きます。
  2. ファイル>エクスポート> Visio(VSDX)(ベータ)またはVisio 2010(VDX)。

    visio_export.png

    選択したファイル形式にドキュメントがエクスポートされます。