文書のステータス管理

Lucidchart の文書ステータス機能を使用して、「下書き」、「レビュー保留中」や「承認済み」など、文書にステータスを割り当てることができます。ワークフローを整理し、チーム内でのコミュニケーションを円滑化する上で役立つ機能です。以下では、ステータスの割り当てと管理方法をご紹介しています。

文書ページのリストビューでは、デフォルトで [ステータス] 欄に割り当てられた文書のステータスが表示されます。文書にステータスが割り当てられていない場合には、[ステータス] 欄は空白のままとなります。

view_status_in_list_view.png

文書のステータスを編集するには、対象の行にマウスポインターを合わせ、3_dots.png > [ステータスを編集] の順にクリックするか、triangle.png をクリックしてドロップダウンから希望のステータスを選択します。ステータスが割り当てられていない文書にステータスを割り当てるには、対象の行にマウスポインターを合わせ、3_dots.png > [ステータスを割り当て] の順にクリックするか、assign_status.png をクリックしてドロップダウンから希望のステータスを選択します。

assign_status_in_list_view.png

status_dropdown_list_view.png

文書ページのタイルビューでは、ステータスが割り当てられた文書の上部にバナーが表示されます。

tile_view_banners.png

文書のステータスを編集するには、対象の文書のサムネイルにマウスポインターを合わせ、上部の triangle.png をクリックするか、Screen_Shot_2018-07-17_at_10.22.05_PM.png > [ステータスを編集] の順にクリックしてドロップダウンから希望のステータスを選択します。ステータスが割り当てられていない文書にステータスを割り当てるには、Screen_Shot_2018-07-17_at_10.22.05_PM.png > [ステータスを割り当て] の順にクリックしてドロップダウンから希望のステータスを選択します。

assign_status_tile_view.png

Screen_Shot_2018-07-18_at_8.44.37_AM.png

エディターで文書を表示すると、文書に割り当てられたステータスが文書名のとなりに表示されます。

view_status_in_editor.png

ステータスを編集するには、対象のステータスをクリックし、表示されるドロップダウンから新しいオプションを選択するか、[ファイル] > [ステータスを管理] の順に移動します。ステータスが割り当てられていない文書を開いている場合には、[ファイル] > [ステータスを割り当て] の順に移動し、メニューからオプションを選択してステータスを割り当てます。

assign_status_in_editor.png

エンタープライズ管理者は、カスタムステータス値と色を設定して、チーム全体のワークフロー管理を合理化することができます。
カスタムステータス値と色を設定するには、をクリックして管理パネルに移動します。 TEAM.png ドキュメントページの上部に表示されます。

次に、 "文書管理"タイルを選択します。

DocumentManagementTIle.png

ドキュメント管理タイルをクリックしたら、「ドキュメントステータス」に移動し、 Edit.png アイコン。

DocumentStatus.png

「属性設定」パネルが表示されます。

EnterpriseCustomStatusPanel.png

ここでは、カスタムステータス値を設定し、チーム全体で使用するために各値に色を割り当てることができます。単にデフォルト値の名前の上にマウスを置いて、 Screen_Shot_2018-11-27_at_1.30.29_PM.png アイコンを使用して、使用しないステータス値を削除します。次に、[別の値を追加]をクリックし、長いテキストボックスに目的のステータス値の名前を入力します。カスタム値に色を割り当てるには、値名の左側にあるボックスをクリックして色を選択します。


関連する記事
文書ページ
管理者パネル
共同編集と共有
アカウントの設定