Google Classroom インテグレーション

教室で Lucidchart を活用しましょう! Google Classroom インテグレーションを使えば、Lucidchart を使って教員と学生が課題を作成、共有、提出、採点できるようになります。

このインテグレーションは EDU エンタープライズアカウントでのみ利用可能です。アップグレードに関心をお持ちの場合には、 EDU エンタープライズページをご覧ください。

注意: インテグレーションが Lucidchart とLucidpress の両製品で同様に機能するため、この記事には、Lucidpress 製品からのスクリーンショットが多数含まれます。詳細が異なる場合もありますが、すべて Lucidchart のインターフェイスについて説明するものとしてお考えください!

教員は、Lucidchart を使用して課題を作成し、Google Classroom インテグレーション経由で生徒や学生と共有することができます。以下では、このプロセスを順を追って説明しています。

  1. Lucidchart へログインし、新規文書を作成するかテンプレートライブラリからテンプレートを選択します。
  2. 文書を学生と共有する課題としてカスタマイズします。
  3. 課題の作成が完了したら、ページ右上の Google Classroom アイコンをクリックします。

    Google_classroom_button.png

    Google Classroom が新しいブラウザーウィンドウで開きます。
  4. Google Classroom ウィンドウで、[クラスを選択] タブをクリックし、ドロップダウンメニューからクラスを選択します。選択したクラスで課題が共有されます。

    Choose_Class.png
  5. 同じウィンドウで [アクション] タブをクリックし、ドロップダウンメニューから [課題の作成] を選択します。[進む] をクリックします。

    Choose_Action.png
  6. 次のウィンドウで、タイトル、説明、期限やトピックを追加することができます。希望に応じてこれらのフィールドに入力し、[課題を作成] をクリックします。

    Add_title__due_date_and_topic.png
  7. 次の画面では、クラスに課題が投稿されたことを示すアラートが表示されます。[表示] をクリックすると、課題ストリームへ移動することができます。

    You_have_posted_to_your_class.png

生徒や学生は、教員から共有された課題へアクセスし、完成させた課題を Google Classroom インテグレーション経由で提出することができます。このプロセスは以下の手順で行います。

  1. Google Classroom へログインすると、担任の教員が共有した課題がクラスストリームにすべて表示されます。

    student_view_of_assignment_stream.png

    課題リンクをクリックすると、Lucidchart が新しいブラウザーウィンドウで開き、文書のタイトルにあなたの名前が付された課題のコピーが表示されます。

    Document_title_with_student_name_appended.png
  2. Lucidchart エディターで課題を完了します。
  3. 課題を完了したら、ページ右上の Google Classroom アイコンをクリックします。

    Google_classroom_button.png
  4. 表示されるポップアップウィンドウで [課題の提出] をクリックします。Lucidchart から Google Classroom へ遷移します。

    Turn_in_assignment.png
  5. Google Classroom で、[クラスを選択] タブをクリックし、ドロップダウンメニューから提出する課題と関連付けられたクラスを選択します。

    Turn_in_assignment.png
  6. [課題] タブをクリックして次のドロップダウンメニューから対応する課題を選択します。[進む] をクリックします。

    Share_to_classroom.png
  7. 次のページには、編集済みの Lucidchart の文書へのリンクが表示されます。[提出] をクリックしてこのリンクを教員に提出します。

    Share_to_classroom.png

生徒や学生が課題を提出すると、Google Classroom クラスストリームにリンクが表示されます。

teacher_view_of_assignment_stream.png

リンクをクリックすると、Lucidchart アカウントで、対象の学生が編集した元の課題のコピーが新規の文書として開きます。文書のタイトルには学生の名前が付されています。

生徒/学生の課題の確認が完了したら、Google Classroom 内で採点を行うことができます。課題ページから対象の生徒のとなりに点数 (100点満点中) を入力して採点を行い、[返却] をクリックします。

grade_an_assignment.png

この動作を確定するよう促すポップアップウィンドウが表示されます。ここで、返却された課題にコメントを追加することもできます。

return_work_to_student.png

[返却] をクリックすると、対象の生徒に課題の採点が完了したことが通知され、自身のクラスストリームで採点内容を確認できるようになります。