プレゼンテーションの作成

プレゼンテーションモードは、図を通した大きな流れを、個別のスライド毎の図で詳細に表示することのできる機能です。図を見る人にとっても理解がしやすくなるメリットがあります。

プレゼンテーションモードは、プロ、チームまたはエンタープライズアカウントでのみ利用可能なプレミアム機能です。アカウントのアップグレードについては、料金ページ をご覧になるか、セールスチームまでお問い合わせください。

プレゼンテーションの作成

  1. プレゼンテーションモードで表示したい文書を開きます。
  2. 右ツールバーの [プレゼン] タブをクリックしてプレゼンテーションモードの設定を開きます。
  3. 歯車のアイコンをクリックして、アスペクト比とスライドを表示したい期間を設定します。
  4. 文書内の図形を1つまたは複数選択して [+スライド] をクリックし、最初のスライドを作成します。
  5. スライドのサイズを変更するには、スライドの四隅をドラッグします。スライドを移動するには、ボックスの左上隅をドラッグします。
  6. この手順を繰り返して各スライドを作成します。
  7. 画面の右下の [プレゼン] ボタンをクリックして作成したスライドのプレゼンテーションを行います。キーボードの矢印キーでスライドを切り替えることができます。手動で切り替えを行わない場合には、事前に設定した間隔でスライドの表示が変更されます。



関連する記事

文書の公開
共同編集と共有
レイヤー、リンクとホットスポット
マスターページ