Microsoft インテグレーション

Lucidchart を Microsoft Word、Excel、PowerPoint に連携させることで、Microsoft プロジェクトへすばやく簡単に図を直接挿入できるようになります。以下で具体的な手順を説明しています。

Microsoft Word 2013、Word 2016、Word Online をお使いの場合には、Office アドインを使って Word へシームレスに図を挿入することができます。

Microsoft Word への Lucidchart のインストールは以下の手順で行います。

  1. Word で [挿入] > [Office アドイン] の順に選択します。
  2. ストアで Lucidchart アドインを検索します。
  3. [追加] ボタンをクリックします。

Microsoft Office 2013 よりも前のバージョンをご利用の場合には、最初に図を画像としてエクスポートし、その画像を Word に挿入する方法で、図を挿入することができます。

Microsoft Excel 2013 や Excel 2016 をお使いの場合には、Office 対応アプリを使って文書をシームレスに Excel へ挿入することができます。詳細については、こちらの短いチュートリアル動画をご覧ください。

Microsoft Excel 2013/2016への Lucidchart のインストールは以下の手順で行います。

  1. Word で [挿入] > [Office アドイン] の順に選択します。
  2. ストアで Lucidchart アドインを検索します。
  3. [追加] ボタンをクリックします。

Lucidchart の Microsoft PowerPoint 2016 アドインを使用すると、PowerPoint のスライドデッキへのアクセス、図の編集や挿入がすばやく簡単にできるようになります。

このアドインを使用することで、インタラクティブな機能性を失わずに PowerPoint のスライドデッキから Lucidchart の図をプレゼンできるようになります。

PowerPoint アドインのインストールは以下の手順で行います。

  1. PowerPoint で [挿入] > [個人用アドイン] の順に選択します。
  2. ストアで Lucidchart を検索し、[追加] をクリックします。
  3. PowerPoint スライド上に表示されるログイン画面から Lucidchart へログインします。
  4. ログインすると、[文書] ページが表示され、文書やフォルダーの新規作成が可能となります。

Lucidchart の文書の挿入は以下の手順で行います。

  1. 文書ページが表示されたら、[+文書] をクリックして文書を新規作成するか、[その他のオプション] > [開く] を選択して既存の文書を開きます。
  2. 新しいウィンドウが開き、文書の作成や編集ができるようになります。
  3. [保存して閉じる] を押して PowerPoint に戻ります。
  4. 文書を挿入する準備ができたら [文書] ページに戻り、挿入する図を見つけて [選択] をクリックします。
  5. 文書が PowerPoint スライドに表示されます。挿入された文書の下部のコントロール機能を使い、拡大や縮小が可能です。Lucidchart のプレゼンテーションフレームを設定している場合にはこれを利用することもできます。
  6. PowerPoint のプレゼンテーションモードでは、Lucidchart の文書の表示、拡大や縮小に加え、プレゼンテーションフレームをクリックして順番に表示したり、Lucidchart の文書のあらゆるインタラクティブな機能が使用できます。

注意:

  • 挿入した図は Lucidchart アカウントに直接接続されます。図の編集や挿入には、インターネットへの接続が必要となります。
  • 挿入した文書の再読み込みには右上の矢印を使用します。
  • アドインの読み込みで問題が発生する場合には、アドインをアンインストールし、再度インストールしてみてください。