LucidchartのAWSでIAMユーザまたはクロスアカウントロールを作成する

LucidchartがAWSインフラストラクチャにアクセスするためには、Lucidchartに新しいIAMユーザーまたは新しいクロスアカウントロールの資格情報を与える必要があります。 AWSコンソールでこれらを作成する方法については、以下を参照してください。

LucidchartのAWS Importのクロスアカウントロールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Lucidchartのドキュメントページで、[インポート]> [AWSアーキテクチャのインポート]をクリックします。 [クロスアカウントロール]を選択します。

    1_aws_import_from_docs_page.png

    2_aws_import_select_cross-account_role.png

  2. [+新しいAWSアカウントを追加]をクリックします。
  3. モーダルに表示されているリンクをクリックしてAWSアカウントに移動します

    3_link_to_aws.png

  4. AWSでは、[次へ:権限]をクリックします。

    4 _-_ aws_1.png

  5. [ポリシーの作成]をクリックします。新しいブラウザウィンドウが開きます。

    5 _-_ create_policy.png

  6. Lucidchartインポートモーダルに戻り、「クリップボードにコピー」をクリックします。

    6 _-_ copy_to_clipboard.png

  7. 新しいAWSウィンドウに戻り、JSONタブをクリックし、Lucidchartのポリシー文書を既存のコンテンツに貼り付けます。 [ポリシーの確認]をクリックします。

    7 _-_ paste_in_json_tab.png

  8. 次のページでは、ポリシーに名前と説明を付けます(オプション)。後で使用するため、ポリシー名を書き留めておいてください。 [ポリシーを作成]をクリックします。

    8 _-_ policy_name_and_description.png

  9. 新しいクロスアカウントロールを作成していた前のタブに戻ります。ページの右上にある更新ボタンをクリックし、検索バーで作成したポリシーの名前を検索します。ポリシーを選択し、[次へ:タグ]をクリックします。

    9 _-_ attach_policy.png

  10. 必要に応じて役割にIAMタグを追加します。 [次へ:レビュー]をクリックします。

    10 _-_ add_tags.png

  11. 次のページでは、あなたの役割に名前と説明を付けます(オプション)。 [役割の作成]をクリックします。

    11 _-_ add_name_and_description.png

クロスアカウントロールを作成したら、あなたのロールにアクセスするためにはARNロールにアクセスする必要があります Lucidchartインポート。ロールARNにアクセスするには、次の手順を実行します。
  1. AWSアカウントの役割のリストから役割の名前をクリックします。役割の要約ページに移動します。

    b _-_ summary_page.png

  2. ロール要約ページの上部には、「Role ARN」と文字、数字、文字列が続きます。この文字列全体をコピーして Lucidchartインポート

    c _-_ role_list_page.png

 

インラインポリシーを使用してLucidchart の AWS インポートに対応する IAM ユーザーを作成する方法は以下のとおりです。

  1. AWS コンソールを開き、Identity Access and Management の [Users (ユーザー)] セクションへ移動します。

    Screenshot_2017-06-05_15.46.27.png
  2. [Add User (ユーザーの追加)] をクリックし、「Lucidchart_AWS_Import」のようにユーザー名を入力します。[Programmatic access (プログラムによるアクセス)] の横のボックスに必ずチェックを入れてください。Lucidchart は、そのアクセスキーを使用してお使いのインフラストラクチャに関する情報を取得します。

    Screenshot_2017-06-05_15.46.27.png
  3. [Next: Permissions (次へ: 許可)] をクリックし、[Attach existing policies directly (既存のポリシーを直接添付)] を選択します。[Create Policy (ポリシーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.47.25.png

    Screenshot_2017-06-05_15.49.22.png
  4. [Select (選択)]ボタンをクリックして [Create your own policy (独自のポリシーを作成)] オプションを選択します。

    Screenshot_2017-06-05_15.49.49.png
  5. Lucidchart の [マイドキュメント] ページから [インポート] > [AWS アーキテクチャのインポート] を順にクリックします。[IAM ユーザー] を選択し、[クリップボードへコピー] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.51.11.png
  6. AWS に戻り、ポリシーに名前と説明を入力して、コピーした IAM ポリシードキュメントをペーストします。ポリシー名は後の手順で必要となるため、必ず控えておくようにしてください。[Create Policy (ポリシーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.52.30.png
  7. ここで、ユーザー作成を行った前のタブに戻ります。[Refresh (更新)] を選択し、ポリシー名を検索します。ポリシーを選択し、[Next: Review (次へ: レビュー)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.54.55.png
  8. ページの情報が正しいことを確認します。[Create user (ユーザーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.55.29.png
  9. インポート中に必要となるアクセスキー ID とシークレットアクセスキーを保存するため、必ず [Download .csv (.csv をダウンロード)] をクリックしてください。

    Screenshot_2017-06-05_15.56.37.png

Lucidchart インポートの一部としてこのユーザーを使用できるようになりました!