インラインポリシーを使用した Lucidchart IAM ユーザーの作成

Lucidchart がお使いの AWS インフラストラクチャにアクセスするには、インラインポリシーを使用して Lucidchart に新規 IAM ユーザーの認証情報を付与する必要があります。

AWS コンソールでインラインポリシーを使用して IAM ユーザーを作成する方法については、以下をご覧ください。

IAM ユーザーの作成

インラインポリシーを使用してLucidchart の AWS インポートに対応する IAM ユーザーを作成する方法は以下のとおりです。

  1. AWS コンソールを開き、Identity Access and Management の [Users (ユーザー)] セクションへ移動します。

    Screenshot_2017-06-05_15.46.27.png
  2. [Add User (ユーザーの追加)] をクリックし、「Lucidchart_AWS_Import」のようにユーザー名を入力します。[Programmatic access (プログラムによるアクセス)] の横のボックスに必ずチェックを入れてください。Lucidchart は、そのアクセスキーを使用してお使いのインフラストラクチャに関する情報を取得します。

    Screenshot_2017-06-05_15.46.27.png
  3. [Next: Permissions (次へ: 許可)] をクリックし、[Attach existing policies directly (既存のポリシーを直接添付)] を選択します。[Create Policy (ポリシーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.47.25.png

    Screenshot_2017-06-05_15.49.22.png
  4. [Select (選択)]ボタンをクリックして [Create your own policy (独自のポリシーを作成)] オプションを選択します。

    Screenshot_2017-06-05_15.49.49.png
  5. Lucidchart の [マイドキュメント] ページから [インポート] > [AWS アーキテクチャのインポート] を順にクリックします。[IAM ユーザー] を選択し、[クリップボードへコピー] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.51.11.png
  6. AWS に戻り、ポリシーに名前と説明を入力して、コピーした IAM ポリシードキュメントをペーストします。ポリシー名は後の手順で必要となるため、必ず控えておくようにしてください。[Create Policy (ポリシーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.52.30.png
  7. ここで、ユーザー作成を行った前のタブに戻ります。[Refresh (更新)] を選択し、ポリシー名を検索します。ポリシーを選択し、[Next: Review (次へ: レビュー)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.54.55.png
  8. ページの情報が正しいことを確認します。[Create user (ユーザーの作成)] をクリックします。

    Screenshot_2017-06-05_15.55.29.png
  9. インポート中に必要となるアクセスキー ID とシークレットアクセスキーを保存するため、必ず [Download .csv (.csv をダウンロード)] をクリックしてください。

    Screenshot_2017-06-05_15.56.37.png

Lucidchart インポートの一部としてこのユーザーを使用できるようになりました!



関連する記事
AWS アーキテクチャのインポートと作図
条件付き書式設定とアイコンセット
Lucidchart の図をスプレッドシートのデータにリンク
他の図形へのアクセス