Lucidchart と Slack の連携

Lucidchart で完成したすばらしい出来栄えの図は、Slack のパブリックチャンネルや個別のチャンネルでぜひ友達にも披露したいものですよね。このチュートリアルでは、それが実現できる方法を説明しています。

  1. このリンク先に移動し、[Slack に追加] ボタンをクリックします。
  2. Lucidchart アカウントへログインまたは登録します。
  3. Slack に Lucidchart アカウントへのアクセス権限を付与します。
  4. Lucidchart に Slack の名前とチャンネルリストへのアクセスとオートコンプリート時にメッセージを送信する権限 (標準のアクセス権限) を付与します。
  5. インストールを承諾します。
  • (あなたのチーム名) にコマンドを追加: あなたのチームの Slack インスタンスで /lucidchart コマンドを有効にするために必要となります。
  • Lucidchart としてメッセージを送信: 図の画像を Slack の会話に送信する [Slack へポストする] ボタンを許可するために必要となります。
  • パブリックチャンネルに関するアクセス情報: パブリックチャンネル名を取得し、Lucidchart の共有ダイアログから Slack のパブリックチャンネルへ図を直接共有するために必要となります。
  • あなたのチームのプロフィール情報へのアクセス: オートコンプリートを実行できるよう、チームのユーザーの名前を取得するために必要となります。オートコンプリートを実行しない場合、アプリはメッセージを送信することができません。
  • Slack へ共有: ユーザーは、Slack のパブリックチャンネルで図を共有することができます。Lucidchart の共有ダイアログで個別の Slack ユーザーとの共有も可能です。
  • /lucidchart コマンド: Slack ユーザーは、/lucidchart コマンドを使ってすばやく図を作成し、共有して、簡単に共同作業ができるようになりました。任意の Slack チャンネルで「/lucidchart」と入力すれば、チームのメンバーなら誰でも編集できる新規の図へのリンクがそのチャンネルにポストされます。


関連する記事
Lucidchart と Hipchat の連携
Jive インテグレーション
Zoho Connect インテグレーション
共同編集と共有