Jira Software インテグレーション

Jira Software を Lucidchart に連携させることで、Lucidchart から Jira へ直接、すばやく図を挿入できるようになります。まず、以下の動画や記事を参照してみましょう。

Jira Software インテグレーションはチームまたはエンタープライズアカウントでのみ利用可能です。アカウントのアップグレードについては、料金ページ をご覧になるか、セールスチームまでお問い合わせください。

Lucidchart アプリのインストールと設定方法をこの動画で確認しましょう。

  1. まず、Jira 管理者による Jira Software 対応 Lucidchart アプリのインストールが必要となります。
  2. Jira Software インスタンスに管理者としてログインし、歯車アイコンを開きます。左側のサイドバーの [アドオン] をクリックし、[新しいアドオンの検索] を選択します。
  3. Atlassian Marketplace で Jira Software 対応の Lucidchart を検索し、[Install (インストール)] をクリックします。[Accept & Install (承諾してインストール)] をクリックし、ダウンロードが完了したらダイアログボックスを閉じます。

もしくは、Atlassian Marketplace の Lucidchart アプリ掲載ページへ移動し、[Get It Now (今すぐ入手)] をクリックして、Atlassian Marketplace 認証情報でサインインし、インストール指示に従います。

  1. [Manage Add-ons (アドオンの管理)] へ移動し、Lucidchart を探します。

    Manage Apps
  2. Lucidchart のチームアカウントの契約があり、そのチームの管理者としてログインしている必要があります。チームアカウントをお持ちでない場合には、チームアカウントのトライアルに登録しましょう。

    チームを作成する
  3. 既存の Lucidchart チームアカウントを Jira Cloud インスタンスに連携させるよう促されます。

    チームにリンク
  4. また、Lucidchart のユーザー認証情報を Jira Cloud のユーザー認証情報に連携させるようにも促されます。インスタンスのユーザーが課題への図の添付や図の編集を試行するたびに、この連携を促すメッセージが表示されます。

    JIRA へのリンク
  5. アカウントが Confluence へリンクされ、お使いのインスタンスへの Lucidchart アプリの構成が正常に完了しました。チームアカウントを新規作成された場合には、忘れずに同僚をチームへ招待するようにしましょう。対象外のチームアカウントを誤ってインスタンスにリンクした場合には、[連携を解除] ボタンでリンクを解除することができます。

    App ready

挿入

  1. 任意の Jira の課題に移動し、上部の [More (その他)] ドロップダウンメニューから [Attach Lucidchart Diagram (Lucidchart の図を添付)] を選択します。

    その他のメニュー
  2. Lucidchart の文書リストがポップアップ表示されます。

    文書リスト
  3. 既存の図の挿入、図の新規作成に加え、Visio、Gliffy、OmniGraffle 文書を直接インポートできるようになります。

    インポート
  4. 図を挿入すると、課題のページに、その課題に添付されたすべての図を示すパネルが新しく表示されるようになります。

    図

閲覧

  1. 図のサムネイルをクリックすると、その図が全画面表示のビューアーで開きます。

    表示

編集/削除

  1. 図の上にカーソルを移動し、鉛筆アイコンをクリックします。

    編集
  2. エディターが全画面表示で開きます。アイコンが利用できない場合には、その図を編集する権限がないことを意味します。図の所有者に編集アクセス権限を付与してもらう必要があります。

    新しいエディター
  3. 完了したら [Jira へ戻る] をクリックします。添付された図が自動的に更新されます。
  4. 添付された図を削除するには、ごみ箱アイコンをクリックします。

注意: この動作により Lucidchart ウェブサイトから図が削除されることはありません。

Jira へ添付した図に他のユーザーが Lucidchart のウェブサイトで直接編集を加えた場合には、添付した図は自動で更新されません。[更新] アイコンをクリックして、添付した図を手動で Lucidchart の最新バージョンに更新する必要があります。

  1. まず、Jira 管理者による JIRA 対応 Lucidchart プラグインのインストールが必要となります。JIRA ツールバー右側の [Administration (管理)] または歯車アイコンへ移動します。

    JIRA 管理者
  2. JIRA ツールバー左側の [Plugins (プラグイン)] または [Add-ons (アドオン)] をクリックします。

    JIRA プラグイン
  3. Atlassian Marketplace で [Find New Add-ons (新しいアドオンを検索)] をクリックし、Lucidchart を探します。
  4. お使いの JIRA Server のバージョンに適したバージョンのプラグインをダウンロードします。[Install Plugins (プラグインのインストール)] タブを選択し、[Upload Plugin (プラグインのアップロード)] をクリックします。ダイアログに従い Lucidchart プラグインをアップロードします。プラグインはこちらからダウンロードできます。

    プラグインのアップロード
  5. アップロードが完了したら、[Manage Add-ons (アドオンの管理)] タブに移動し、[Lucidchart Plugin (Lucidchart プラグイン)] をクリックして、[Configure (構成)] を選択し、所属先の組織のキーとシークレットを入力します。

    構成
  6. キーとシークレットを取得できるのは、所属先の Lucidchart 管理者のみです。Lucidchart の管理者は、[チーム] > [アプリのインテグレーション] > [Jira サーバー] から Jira のキーとシークレットを生成することができます。
  7. キーとシークレットを Jira の該当箇所に貼り付け、[Save (保存)] をクリックします。

    キーとシークレット
  1. Jira 課題の上部の [More Actions (その他のアクション)] ドロップダウンメニューから [Insert Lucidchart Diagram (Lucidchart の図を挿入)] を選択します。

    その他のアクション
  2. まず、Lucidchart の文書を新規作成するか、既存の Lucidchart の文書を開くか、直接 Visio ファイルをインポートするかを選択します。文書の新規作成方法や既存の文書の開き方についての詳細は、チュートリアルをご覧ください。文書を選択すると、Lucidchart エディターへ直接遷移します。

    作成、インポートと挿入

Lucidchart のエディターは、あらゆる作図の基本となる場所です。スタートガイドでは、エディターの基本的な使い方を説明しています。

新しいエディター

Lucidchart エディターで文書の編集が完了したら、右上の [Jira へ戻る] ボタンをクリックして Jira Software に戻ります。図が自動で追加または更新されます。

復帰