Google Drive での Lucidchart の使用

Lucidchart は、ユーザーが図を作成、編集し、リアルタイムで他のユーザーと共有できるツールです。Lucidchart を Google Drive と連携させることで、いつも使用している業務アプリでファイルを保存し、開き、同僚や共同編集者と共有するという新しい業務スタイルが実現します。 

Lucidchart アプリが Google Team Drive とも連携するようになり、個人の Drive から Team Drive へファイルを移動できるようになりました。 

Lucidchart を Google Drive に連携させるには、まず Lucidchart アプリを Google Drive にインストールします。

Lucidchart のインストールは以下の手順で行います。

  1. Google Chrome を使用してChrome Web Store から Lucidchart をインストール、または
  2. Google Drive ホームページから、[新規] > [その他] > [アプリを追加] を選択します。
  3. Lucidchart を探します。
  4. これらのアプリと基本情報、連絡先、ファイルを共有する権限を付与します。これにより、Lucidchart のアカウントの自動プロビジョニングと Google Drive との完全な連携が可能になります。

    chrome web strong

Lucidchart アカウントを Google Drive に接続するには、どちらのアカウントも同じメールアドレスに関連付けられている必要があります。

アカウントの接続は以下の手順で行います。

  1. [アカウントの設定] から Lucidchart のメールアドレスを変更します。[保存] をクリックします。
  2. すべての Google アカウントからログアウトし、Lucidchart アカウントの登録に使用したものと同じメールアドレスで Google アカウントにログインします。
  3. Google Drive ホームページから、[新規] > [その他] > [アプリを追加] を選択します。
  4. Lucidchart を探します。

Lucidchart のメールアドレスを Google Drive アカウントに関連付けられたメールアドレスに変更できない場合、Google Drive 経由で誤って Lucidchart アカウントを作成したことが原因であると考えられます。以下の手順で誤って作成した Lucidchart アカウントを削除し、正しいアカウントを Google Drive に同期することができます。

  1. 誤って新規作成した Lucidchart アカウントにログインします。誤って作成したアカウントと Google Drive のメールアドレスが同一の場合には、Google シングルサインオンを使用することができます。
  2. 右上のアカウント名をクリックし、[アカウントの設定] へ移動します。[アカウントの設定] を選択します。

    アカウントの設定
  3. [Google Drive] タブから [アカウントのリンクを解除] を選択します。

    Google Drive の統合設定
  4. [アカウント] ページの [アカウントを閉じる] セクションからアカウントを閉じます。[閉じる] をクリックし、理由を入力します (Google Drive との同期など)。
  5. アクティブな Lucidchart アカウントへログインし、[アカウントの設定] で Lucidchart のメールアドレスを Google Drive で使用しているものと同じものに変更します。[保存] をクリックします。
  6. Lucidchart アカウントとすべての Google アカウントからログアウトします。
  7. クッキーをクリアします。
  8. 新しく入力したメールアドレスと以前と同一のパスワードを使用して Lucidchart アカウントにログインします。
  9. アカウントの設定ページの Google Drive セクションに移動し、[Google Drive へリンク] をクリックします。アクティブな Lucidchart アカウントと同じメールアドレスでの Google アカウントへのログインが必要となります。

Google Drive を離れることなく、Lucidchart に移動して図を新規作成することができます。

  1. Google Drive で [新規] > [その他] > [Lucidchart の図] の順に選択すると、Lucidchart エディター内で新規文書が開きます。

    Google Drive からの図の作成
  2. 文書の名前を変更します。
  3. 好みに応じて図を作成します。
  4. ファイルは Lucidchart に保存され、Google Drive アカウントと同期されます。注意: 自動同期を有効にしている場合のみ、Lucidchart と Drive の双方での文書へのアクセスが可能となります。自動同期を有効にしていない場合に Google Drive 経由で文書へアクセスするには、手動で文書を Google Drive へエクスポートする必要があります。 

Lucidchart で図を作成した後は、PDF、PNG、JPEG、VDX 形式で Google Drive アカウントへ直接ファイルをエクスポートすることができます。

Google Drive へのエクスポートは以下の手順で行います。

  1. Lucidchart の文書で [ファイル] > [Google Drive へエクスポート] の順に選択します。

    Google Drive への図のエクスポート
  2. ファイルの種類やその他の設定を選択して [完了] をクリックします。
  3. ダウンロードが完了すると青のメッセージボックスが表示されます。
  4. エクスポートされたファイルは、[最近使用した文書] と Google Drive のルートフォルダーに表示されます。

Google Drive の [設定] では、Google Drive アカウントとローカルバックアップにファイルを同期し、保存する方法を変更することができます。

設定の変更は以下の手順で行います。

  1. 右上のアカウント名をクリックし、[アカウントの設定] へ移動します。[アカウントの設定] を選択します。
  2. Google Drive の [設定] タブをクリックします。

同期: Lucidchart で作成した図を Google Drive に自動で同期するよう選択することができます。これにより、Lucidchart ウェブサイトへ移動しなくとも、すべての Lucidchart の文書へ Google Drive からアクセスできるようになります。Drive で直接 Lucidchart の文書へコメントを追加することはできますが、Lucidchart の文書の編集は Lucidchart エディター上でのみ行うことができます。自動同期を有効にしていない場合には、手動で Google Drive へエクスポートした Lucidchart の文書のみが Drive アカウントに接続されます。

自動バックアップ: すべての Lucidchart 文書を週次で Google Drive アカウントにバックアップするよう設定することができます。バックアップした内容は、バックアップごとに1つのファイルとして Google Drive アカウントに保存され、Lucidchart アカウントから復元することができます。

Lucidchart を Drive にインストールすることで、Microsoft Visio ファイルの表示が可能になります。プロまたはチームアカウントをご利用の場合には、Lucidchart でファイルを開いて編集することもできます。

Google Drive での Visio ファイルの表示は以下の手順で行います。

  1. Google Drive で [新規] > [ファイルのアップロード] を選択し、表示したい .vdxまたは .vsd ファイルを探します。
  2. ファイルのアップロードが完了したら、選択して閲覧のみモードで開きます。
  3. [インポート] ボタンをクリックし、Lucidchart エディターでファイルを開きます。

Lucidchart の Google Drive インテグレーションでは、シームレスな作図体験を実現するためにいくつかのアクセス権限の付与が必要となります。以下では、必要となる権限の種類について簡潔に説明しています。質問がある場合には、お問い合わせください。

あなたのアカウントに関する基本情報の閲覧: Lucidchart がアカウントの自動プロビジョニングを行い、登録やサインインページでなくエディターに直接移動できるようにします。

あなたのメールアドレスの閲覧: Google シングルサインオンを有効にします。

あなたが Lucidchart で表示または作成した Google Drive ファイルの閲覧または管理: 直近の Lucidchart ファイルが Google Drive アカウントに確実に同期されるようにします。

アプリケーションを使用していない時にこれらの操作を実行する: Lucidchart Google Drive 設定 で選択されたとおりに週次でファイルを自動バックアップするために必要となります。

Lucidchart を Google Drive に接続することで、Lucidchart の文書を自動で Google Drive にバックアップできるようになります。Lucidchart には別のバックアップシステムがありますが、Google Drive へも週次のバックアップを設定することが可能です。

バックアップの有効化は以下の手順で行います。

  1. 右上のアカウント名をクリックし、[アカウントの設定] へ移動します。[アカウントの設定] を選択します。
  2. [Google Drive] タブで [週次でバックアップ] を選択します。
  3. [保存] をクリックします。

文書の自動バックアップを選択すると、LAF 形式のバックアップファイルがお使いの Google Drive アカウントに毎週届きます。この後で、Lucidchart アカウントのバックアップ/復元ページから文書を復元することができます。