G Suite ドメインへの Lucidchart のインストール

このチュートリアルでは、お使いの G Suite ドメインに Lucidchart をインストールする方法をご紹介しています。インストールが完了すると、Lucidchart は所属先の教育機関や企業の Gmail の [アプリランチャー] メニューに表示されます。クリックすると、新しいユーザーのアカウントのプロビジョニングを自動で行い、ユーザーをチームへ追加します。

注意: 既存の Lucidchart アカウントを G Suite へ連携させる場合には、Lucidchart アカウントの登録がドメインのメールアドレスと同一のメールアドレスで行われていることを確認してください。登録メールアドレスの変更は、Lucidchart の [アカウント] > [ユーザー設定] で簡単に行うことができます。

Lucidchart for G Suite のインストールは以下の手順で行います。

  1. G Suite Marketplace へ移動します。
  2. Lucidchart を検索して [インストール] をクリックします。
  3. Lucidchart からドメインデータの一部へのアクセス権を求められます。ボックスにチェックを入れ、利用規約に同意し、[承諾] をクリックします。
  4. Lucidchart がインストールされると、ユーザーへの通知方法を説明する最初のポップアップが表示されます。[次へ] をクリックします。

    Lucidchart G suite
  5. Lucidchart へのアクセス方法を示す別のポップアップが表示されます。[次へ] をクリックします。

    Lucidchart アプリのインストール
  6. Lucidchart チームでのインテグレーションのカスタマイズ方法を示す最後のポップアップが表示されます。[追加のチーム設定] をクリックします。

    Lucidchart でのインテグレーションのカスタマイズ
  7. Lucidchart が新しいブラウザータブまたはウィンドウで開き、チームを設定するよう促されます。
  8. Lucidchart の [チーム] ページに移動します。[管理者] > [ユーザー] > [ユーザーをドメインで追加] の順にクリックします。ドメインメールアドレスの一覧を確認し、Lucidchart の新規/既存ユーザーをチームに招待することができます。

    ドメインへのユーザーの追加 | Lucidchart
  9. Lucidchart をお使いの G Suite ドメインと同期することで、G Suite 管理ポータルでユーザーの追加や削除を行った際に自動で Lucidchart ユーザーのプロビジョニングや削除を行うことができます。プロビジョニングの同期を有効化する際に何らかのエラーが発生した場合には、以下の「アクセス権限の変更」の手順に従い、Lucidchart にプロビジョニングの同期に必要なデータアクセス権限が付与されていることを確認してください。

    G Suite | Lucidchart

[G Suite の管理] ページに以下のピンクのバナーが表示される場合には、以下の手順で Lucidchart の G Suite へのアクセス権限を変更します。

G Suite の管理

  1. G Suite 管理コンソール (admin.google.com) を開きます。

    G Suite 管理コンソール
  2. [アプリ] > [Marketplace アプリ] の順にクリックします。

    マーケットプレイスのアプリ
  3. [Lucidchart の図] を選択します。

    Lucidchart の図
  4. [データアクセス] をクリックし、データアクセス権限が付与されていることを確認します。API アクセスが有効化されていることも確認してください。確認方法の詳細についてはこちらのスクリーンキャストをご覧ください。

    データアクセス API
  5. G Suite コンソール内でも、[G Suite の管理] ページでも、アクセス権限が付与されます。Lucidchart の G Suite ページを更新すると、お使いのドメインのユーザーの一覧を確認することができます。

Google Drive で文書が開けない場合や、データアクセス権限が期限切れである旨の警告が表示される場合には、お使いの Google アカウントの権限の一部に不足がある可能性があります。以下の手順を試してみましょう!

ご自身の Google Drive に Lucidchart アプリが追加されている場合:

  • お使いの Google アカウントで [アカウントの権限] ページを開き、Lucidchart のアクセス権限を完全に削除します。すると、次回ログイン試行時に、Google アカウントへのアクセス権限を再度付与するよう促されます。この手順により、アクセス権限がリセットされ、Google Drive へ正常に接続できるようになります。アクセス権限を再度付与した後には、必ず Lucidchart へログインし、Lucidchart の G Drive ページからも設定を確認してください。

Lucidchart がドメインにインストールされている場合には、ドメインの特権管理者に以下の手順を依頼する必要があります。

  • 管理者の Google Apps ドメインで、管理コンソールへ移動し、ドメインにインストールされている Lucidchart アプリを選択します。Lucidchart 作図アプリが [データアクセス権限を付与済み] になっていることを確認します。