方程式ライブラリの使用

多数のご要望にお応えして、Lucidchart では最近、LaTeX ベースの方程式ライブラリを導入しました。Lucidchart では、LaTeX と MathQuill WYSIWYG (what-you-see-is-what-you-get: ディスプレイに現れるものと処理内容が一致する) エディターを使って数学方程式を作成することができます。

LaTeX は、一般的に数学で使用されるマークアップ言語です。「a^b」のようなプレーンテキストを数式に変換するものです。Lucidchart は、LaTeX 数学の大半をサポートする MathJax を使用しています。MathQuill WYSIWYG (what-you-see-is-what-you-get: ディスプレイに現れるものと処理内容が一致する) エディターを使うこともできます。LaTeX コマンドを入力するか、メニューを使用してください。ただし、Lucidchart での MathQuill はベータ版であり、通常簡単な数式のみをサポートしています。

方程式ライブラリは以下の手順で使用します。

  1. [図形] ボタンをクリックしてライブラリを開きます。

    他の図形ボタン
  2. [その他] の下の [方程式] ライブラリの横のボックスにチェックを入れ、[保存] をクリックします。

    方程式
  3. [方程式] ライブラリから基本的な方程式をキャンバスにドラッグし、LaTeX で必要に応じて変更を加えます。

    LaTeX_Equation

論理和

  1. WYSIWYG (ベータ版) でさまざまな記号をクリックすると、ホットキーの組み合わせを使わずに方程式を作成することができます。

    LaTeX_WYSIWYG_Equation.PNG

関連する記事
条件付き書式設定とアイコンセット
Lucidchart の図をスプレッドシートのデータにリンク
UML シーケンスマークアップ
実体関連図