表を使うことで、データを視覚的に整理された状態で表示することができます。セルへ内容を直接貼り付け、好みに応じてスタイルを設定しましょう。

表はとても重要な要素です。そのため、Lucidchart では専用の図形ライブラリをご用意しています!

表の追加は以下の手順で行います。

  1. ツールボックスで [+図形] をクリックするか、[M] キーを押して図形ライブラリマネージャーを開きます。
  2. [表] 図形ライブラリをオンにします。
  3. 表をキャンバスへドラッグ・アンド・ドロップします。

    表図形

手動でのコンテンツの追加は以下の手順で行います。

  1. 任意のセルをダブルクリックします。
  2. [Tab] キーを押して次のセルへと右方向に移動します。

スプレッドシートからのコピー&ペーストは以下の手順で行います。

  1. 既存のスプレッドシートで追加したいデータをハイライトし、コピーします。
  2. Lucidchart の表のセルを選択します。コピーされたデータの左上端のセルがここに配置されます。
  3. [CTRL+V] (Mac の場合は [Command+V]) を押して貼り付けます。右クリックによる貼り付けは使用できません。

タブ区切りのコンテンツ (スプレッドシートなど) は、セルの構造を維持したままで貼り付けられます。10行x10列のセルをコピーして Lucidchart の3行x3列の表に貼り付けると、表のサイズが自動で調整されます。

表の作成時には、表へのデータの追加や表内でのデータの編集がしやすくなるカスタムのキーボードまたはマウス操作を使用することができます。

Screen_Shot_2018-09-11_at_11.05.34_AM.png

セルの選択: 表を選択し、個別のセルをクリックします。セルが選択されていることを示す点線の枠がセルの周囲に表示されます。

名のセル

行/列の選択: 表の左端にマウスポインターを合わせて行全体を選択します。または、表の上端にマウスポインターを合わせて列全体を選択します。

行または列の選択

複数のセルの選択: [Shift] キーを押した状態で選択範囲の最初のセルと最後のセルをクリックし、同時に複数のセルを選択します。隣接していない複数のセルを選択する場合には、[Ctrl] ([Command]) を押した状態で対象のセルを選択します。

セルの内容の削除: セルの選択中に [Backspace] または [Delete] キーを押すと、選択したセルの内容がすべて削除されます。任意のセルを右クリックし、行や列全体をクリアするよう選択することもできます。

注意: この動作により、セルに適用されたテキストのスタイルも削除されます。

行/列の追加/削除: セルを選択し、コンテキストパネルのボタンを使用して必要に応じて行や列の挿入や削除を行い、行数や列数を変更します。

注意: 行の数値フィールドの値を増加させると、新規の行が追加され、表の高さが変更されます。列の数値フィールドの値を増加させると、新規の列が追加されますが、表の幅は変更されません。[高度な図形] メニューを使用して新規の列を追加すると、表の幅が変更されます。
Screen_Shot_2018-09-11_at_11.05.34_AM.png

行/列の幅/高さの変更: 行や列の境界線にマウスポインターを合わせると、カーソルが両矢印に変わります。境界線のクリックとドラッグで幅や高さを変更します。表全体のサイズの変更は、表の四隅のいずれかをクリックし、ドラッグして行います。

行または列の高さの変更

注意: 行の高さの値を増やすと、表の高さも変化します。列のサイズを変更しても、表のサイズは一定のままとなりますが、他の列のサイズが変更される可能性があります。

セルを選択し、[高度な図形] メニューを使用して必要に応じて行や列の挿入や削除を行い、行数や列数を変更します。表を右クリックし、ポップアップメニューのオプションから選択することもできます。

注意: 行の数値フィールドの値を増加させると、新規の行が追加され、表の高さが変更されます。列の数値フィールドの値を増加させると、新規の列が追加されますが、表の幅は変更されません。[高度な図形] メニューボタンを使用して新規の列を追加すると、表の幅が変更されます。

Screen_Shot_2018-09-11_at_11.05.34_AM.png

結合したいセルを選択し、[高度な図形] メニューの [結合] をクリックします。セルの結合を解除する場合には、対象のセルを選択して [結合を解除] をクリックします。

結合と結合の解除

結合と結合の解除

結合と結合の解除

Lucidchart では、さまざまな方法で表のスタイルを設定することができます。

テキスト: 1つまたは複数のセルを選択して、フォントの変更を行うほか、テキストに太字、斜体、下線を設定することができます。

ストライプ表示: [高度な図形] メニューから [ストライプ表示] オプションを表示し、行または列を選択します。好みに応じてストライプ表示の色を変更します。

ストライプ表示

境界線: [高度な図形] メニューで [境界線] をクリックし、データに適したオプションを選択します。

列の配置

show_1.png

: 1つまたは複数のセルを選択し、プロパティバーを使用して塗りつぶしや線の色を変更します。

表のセルの色



関連する記事
他の図形へのアクセス
テキストの操作
UML シーケンスマークアップ
実体関連図