ファイルの転送

Lucidchart のアカウント間で文書を転送する方法はいくつかあります。以下を参照して最適な方法を選びましょう。アカウント間でのファイルの転送には、以下の方法のいずれかを使用できます。Lucidchart アカウントを新規作成した場合には、「バックアップ/復元による転送」を使用することができます。

文書やフォルダーを共有すれば、他のメンバーが文書に簡単にアクセスし、編集できるようになります。

  1. ファイルを転送する必要があるアカウントにログインします。
  2. [マイドキュメント] ページで [+フォルダー] を選択してフォルダーを作成します。
  3. 共有する文書をフォルダーにドラッグします。
  4. [文書] ページのフォルダーにマウスポインターを合わせ、[共有] を選択するか、左側のパネルでフォルダーを右クリックして [共有] を選択します。
  5. 他のアカウントと共有します。
  6. 必ず [編集と共有が可能] なアクセス権限を付与します。
  7. 共有したフォルダーは、共有先のユーザーの左側のパネルの [共有中] セクションに表示されます。

注意: 文書の共有により、その文書の所有権が移譲されることはありません。文書の所有者が文書を削除した場合には、共有されたユーザーのアカウントからもその文書が削除されます。

バックアップおよび復元機能は、プロ、チームまたはエンタープライズアカウントでのみ利用可能なプレミアム機能です。アカウントのアップグレードについては、料金ページ をご覧になるか、セールスチームまでお問い合わせください。

  1. 古いアカウントにログインします。
  2. [アカウントの設定] ページに移動し、[バックアップ/復元] ページを開いて、文書のバックアップをダウンロードします。
  3. アカウント設定に移動し、[アカウントを閉じる] をクリックしてアカウントを閉じます。
  4. 新しいアカウントにログインします。
  5. [アカウントの設定] ページに移動し、[バックアップ/復元] ページを開いて、[バックアップから復元] を選択し、他のアカウントからダウンロードしたバックアップを復元します。
  6. これにより、[文書] ページに [復元] という名称のフォルダーが日付とともに表示されます。

    バックアップ/復元ページ

注意: バックアップまたは復元により文書を転送すると、その実行者に文書の所有権が移譲されます。ただし、共有アクセス権は移譲されません。ユーザーはニーズに応じて文書の再共有が必要となります。

無効化したいチームのアカウントからのファイルの転送は以下の手順で行います。

  1. 管理者アカウントにログインします。
  2. チームページに移動します。
  3. [ユーザー] タイルをクリックします。

    チームの管理ページ
  4. 削除する従業員の名前を探してボックスにチェックを入れます。
  5. [アクション] の下の [ユーザーを削除] をクリックします。別のアカウントへファイルを転送するよう促されます。その旨を理解したことを確認します。

    Screen_Shot_2017-04-19_at_2.28.00_PM.png
  6. アカウントへ文書が転送されます。フォルダーで整理し直して共有します。

注意: チームからメンバーを削除できるのはアカウント所有者またはチーム管理者のみです。ユーザーの削除時に文書を削除または転送する必要があるため、ユーザーの削除は一度に1名ずつとなります。ただし、複数のユーザーを一度に「解除」することはできます。ユーザーを解除した場合、ユーザーが作成した文書へのアクセスは保持されます。



関連する記事
共同編集と共有
アカウントの種類
チームの管理
チームライセンスの設定