Visio、Gliffy、Draw.io、Omnigraffle からファイルをインポート

他のツールやプラットフォームからの図のインポートが役立つ場合もあります。Lucidchart では、MS Visio (.vdx、.vsdx、.vsd)、Gliffy (.gxml、.gliffy)、Draw.io (.xml)、Omnigraffle (.graffle、.graffle.zip) からの図のインポートに対応しています。

インポートされた図の編集機能は、プロ、チームまたはエンタープライズアカウントでのみ利用可能なプレミアム機能です。アカウントのアップグレードについては、料金ページをご覧になるか、セールスチームまでお気軽にお問い合わせください。

図のインポートは以下の手順で行います。

  1. [マイドキュメント] ページで [インポート] ダイアログボックスをクリックし、アップロードしたい図の種類を選択します。
    インポートのオプション
  2. アップロードするファイルを選択し、[インポート] をクリックします。

    インポートダイアログ
  3. 図のリンクをクリックするとインポートされた図を開くことができます。

    インポート完了ダイアログ

以下では、Visio ファイルを Lucidchart へインポートする際に起きる可能性のある一般的な問題をいくつか紹介しています。

無効な Visio ファイル
有効な Visio ファイル形式でないファイルの Lucidchart へのインポートを試行するとエラーメッセージが表示されます。Visio 形式でないファイルであっても、手動で変更された場合には拡張子が Visio 形式のもの (.vsdx) になっている場合がありますのでご留意ください。

ファイルが有効な Visio 形式かどうかを確認するには、対象のファイルを Visio で開いてみてください。ファイルが Visio 形式でない場合や壊れている場合には、Visio や Lucidchart で開くことはできません。

バージョンが古い場合
Lucidchart のサポート対象外の Visio 形式やバージョンのファイルのアップロードを試行するとエラーが表示されます。現在、Lucidchart では以下の Visio 形式をサポートしています。

  • Microsoft Visio 2013 以降で作成された VSDX ファイル
  • Microsoft Visio 2007 以降で作成された VSD ファイル
  • Microsoft Visio 2003 以降で作成された VDX ファイル

これよりも古い Visio ファイルの場合には、新しいバージョンの Microsoft Visio でファイルを .vsdx 形式で保存し直します。VSDX ファイルは他の Visio 形式よりもインポート時の忠実度が高い傾向があり、問題発生時の診断もしやすい形式です。

Visio ファイルを Lucidchart へインポートできない場合には、まず対象のファイルを最新版の Visio で開き、.vsdxファイルとして保存して、新しいファイルを Lucidchart へインポートしてみることをおすすめします。

ファイルのサイズ
インポートに数分以上を要する場合には、ファイルの容量が大きすぎるため、ファイルの変更が必要となる場合があります。ファイルの容量を小さくするには以下の手順を試してみましょう。

  • .vsdx 形式で保存し直す。通常、VSDX ファイルのサイズは VDX ファイルに比較して小さいため、アップロードに要する時間も短縮されます。
  • 画像を圧縮する。図内の画像のサイズが大きいためにエラーが発生することがあります。この問題は、画像の解像度を72dpi、長辺の長さを最大1,000ピクセルに最適化することで解決することができます。
  • 文書を分割する。Visio ファイルにサイズの大きな画像が複数含まれる場合には、文書を複数のファイルに分割し、各ファイルのページやオブジェクト数が少なくなるようにしてみてください。
形が検出されない
Visioのインポートで図形が検出されなかった場合は、空白のVisio文書または文書としてアップロードされたVisioステンシルを示します。

ファイルに図形の内容が含まれていることを確認するには、Visioでファイルを開きます。

アップロードしたファイルが名前が変更されたVisioステンシルファイルの場合は、ファイル拡張子を.vssx、.vss、または.vsxに戻して、 シェイプライブラリマネージャにインポートする。ファイルの名前を変更するためのガイドラインを参照してください。
  • ファイル名が「.vsdx」で終わる場合は、「。vsdx」を「.vssx」に置き換えます。たとえば、ファイル名が "myfile.vsdx"の場合は、ファイルの名前を "myfile.vssx"に変更します。
  • ファイル名が「.vsd」で終わる場合は、「。vsd」を「.vss」に置き換えます。たとえば、ファイル名が "myfile.vsd"の場合は、ファイルの名前を "myfile.vss"に変更します。
  • ファイル名が「.vdx」で終わっている場合は、「.vdx」を「.vsx」に置き換えます。たとえば、ファイル名が "myfile.vdx"の場合は、ファイルの名前を "myfile.vsx"に変更します。
アップロードしたファイルにシェイプコンテンツが含まれていて、この警告が誤って表示されていると思われる場合は、 サポート問い合わせ先



関連する記事

Lucidchart の図をスプレッドシートのデータにリンク
AWS アーキテクチャのインポートと作図
CSV からのプロセス図のインポート
OmniGraffle のインポートとトラブルシューティング