レイヤー、リンクとホットスポット

リンク、レイヤー、ホットスポットを使って、よりインタラクティブな図を作成しましょう。

レイヤーは、図内の要素を区切ることで、一部の要素の表示や非表示、ロックなどを可能にする機能です。この機能を使うことで、図に複雑さとインタラクティブ性を加えることができます。アプリケーションの機能のデモや、提案内容が業務プロセスの簡素化につながることを上司に実証する際などにも役立つ機能です。

レイヤーの追加は以下の手順で行います。

  1. エディターの右側のドックで [レイヤー] をクリックします。
  2. [+レイヤー] を選択します。
  3. レイヤーのタイトルを入力します。レイヤーのタイトルを変更する場合は、現在のタイトルを右クリック、もしくはペンのアイコンをクリックして [名前を変更] を選択します。

既存の図形をレイヤーに追加するには、図形を右クリックし、[レイヤーに移動] を選択します。新しい図形を追加するには、レイヤーをダブルクリックし、図形ライブラリからキャンバスへ図形をドラッグします。

[レイヤー] パネルで編集するレイヤーをダブルクリックします。レイヤーのタイトルがハイライトされます。また、エディター上部にも現在のレイヤーを示すパンくずリストが表示されます。

キャンバス上で編集中でないレイヤーをクリックすると、そのレイヤーのすべてのオブジェクトの周囲に境界ボックスが表示され (以下の画像を参照)、レイヤー内のオブジェクトをグループ化されたオブジェクトとしてのみ移動できるようになります。そのレイヤーをダブルクリックすると、編集が可能となります。

レイヤーパネル

レイヤーの表示/非表示を切り替えるには、選択したレイヤーの横の目のアイコンをクリックします。クイックプレビューホットキー ([Ctrl+Shift] または [Command+Shift]) を使用してホットスポットをクリックすると、この目のアイコンは一時的に同期されなくなります。

レイヤーの表示/非表示 gif

改変されたくないタイミングで共同編集者が図を編集するのは避けたいものです。レイヤーをロックすることで、対象のレイヤーのオブジェクトがすべて固定され、ユーザーがレイヤーを編集できないようになります。

[レイヤー] パネルでロックしたいレイヤーの横のロックアイコンをクリックします。レイヤー内の個別のオブジェクトをロックするには、ロックしたいオブジェクトをクリックし、右クリックして [ロック] を選択します。

レイヤーを複製すると、元のレイヤーと同じ場所にコピーが作成されます。レイヤーを複製するには、右クリックまたはペンのアイコンを選択し、[複製] を選択します。

レイヤーを並べ替えるには、[レイヤー] メニューでレイヤーのタイトルをクリックします。

文書からオブジェクトを選択し、選択した特定のレイヤーに移動することができます。オブジェクトを移動するには、右クリックして [レイヤーへ移動] を選択します。その後、移動先のレイヤーを選択します。

選択したレイヤーにオブジェクトをコピーするには、現在編集しているページまたはレイヤーからオブジェクトを選択し、右クリックして [レイヤーへコピー] を選択し、移動先のレイヤーを選択します。

公開された図のウェブページ版にユーザーがアクセスする際のデフォルトのビューを設定する機能です。

各レイヤーの目のアイコンをクリックした状態にすると、公開時のビューがページに表示されます。可視性を同期アイコンをクリックします。アイコンがグレーアウトすると、同期は完了です。図を更新すると、ウェブページも更新されます。

リンクを使えば、文書の他のページ、外部ページ、メールプロンプトへ接続できます。単純なリンクの作成は以下の手順で行います。

  1. リンクを設定したいテキストをハイライト、またはオブジェクトを選択します。
  2. オプションバーのリンクアイコンをクリックします。チェーンのリンク記号
  3. リンクアクションを選択するウィンドウが開きます。[ページへのリンク]、[外部リンク]、[メールへのリンク] のいずれかを選択します。画面の指示に従い、リンクを設定する URL またはメールアドレスを追加します。
  4. [完了] をクリックします。

リンクされたオブジェクトまたはテキストにマウスポインターを合わせると、[Shift+Ctrl] (Mac の場合は [Shift+Command]) を長押しするよう促すツールの使用ヒントが表示されます。これに従うと、リンクされたオブジェクトが緑色に光ります。オブジェクトをクリックするとリンク先へ遷移します。

オブジェクトへのリンクの接続後は、オブジェクトを右クリックするだけでリンクを変更することができます。リンクアイコンを再度クリックして編集することもできます。

ホットスポットは、プレゼンテーションモードや公開された図で選択するとアクションを実行するキャンバスの特定のエリアを指します。モックアップやワイヤーフレームなどの高度な図では、ボタンのクリックで特定のレイヤーの表示/非表示の切り替えを行うなどのインタラクションを作り出すためにホットスポットを利用することができます。

ホットスポットで利用できるアクションには、3つの単純なリンクアクション (プロパティバーのリンクと同じ内容) に加え、レイヤーと関連して動作するプレミアムアクションが3つあります。

ホットスポットの作成とアクションの割り当ては、以下の簡単な手順で行います。

  1. 標準図形ライブラリにある緑色のホットスポット図形を選択したオブジェクトへドラッグ・アンド・ドロップ、またはオブジェクトを右クリックして [ホットスポットを追加] を選択します。

    ホットスポットを追加
  2. ドロップダウンメニューをクリックします。
  3. 6つのアクションの中から、ホットスポットにさせたい動作を選択します。レイヤーの常時表示、[オフ] ボタンのようにレイヤーを非表示、照明のスイッチのようにレイヤーを切り替えなどのオプションから選択できます。

    ホットスポットメニュー
  4. リンクオプションを選択した場合には、必要な情報を入力して [完了] をクリックします。レイヤーと共に動作するアクションを選択した場合には、ホットスポットが動作するレイヤーを選択する必要があります。
  5. まだレイヤーを作成していない場合には、
  • [新規レイヤーを作成] フィールドにレイヤーのタイトルを入力します。
  • [+] サインをクリックしてレイヤーを作成します。
  • リストからレイヤーを選択し [完了] をクリックします。

注意: [Ctrl] キー (Mac の場合は [Command] キー) を押しながら選択すると、複数のレイヤーを一度に選択することができます。アクションを変更するには、ホットスポットをダブルクリックし、アクションボックスを開きます。