画像のインポートと管理

画像、アイコンや動画で生き生きとした図を作成しましょう! このチュートリアルでは、画像のアップロード方法、画像検索インテグレーションを使った画像検索方法、チームメンバーとの画像の共有方法と動画のインポート方法について説明します。

画像をアップロードするには、以下のオプションのいずれかを選択します。

  • キャンバスに画像を直接ドラッグまたはコピー&ペースト
  • [画像のインポート] アイコンをクリックし、[画像] または [SVG] をクリックしてコンピューターから画像をアップロードします。[画像のインポート] アイコンは、エディターの左側の図形ライブラリ上に表示されます。
  • メニューバーから [挿入] > [画像] または [挿入] > [SVG] の順に選択します。

    画像のドロップダウンオプション

Bing や Iconfinder との連携により、Lucidchart エディターから直接画像やアイコンを検索することができます。検索は以下の手順で行います。

  1. エディターの左側の図形ライブラリ上の虫眼鏡アイコンをクリックします。
  2. [画像] をクリックして Bing 画像検索、または [アイコン] をクリックして Iconfinder 検索を実行します。
  3. 使用したい画像が見つかったら、その画像をクリックしてキャンバスにドラッグします。

    画像検索

チームで画像を共有するには、カスタム図形ライブラリを作成し、チームでの共有を有効にする必要があります。手順は以下のとおりです。

  1. ツールボックスで [+図形 ] をクリックするか、[M] キーを押して図形ライブラリマネージャーを開きます。
  2. 図形ライブラリ一覧の一番下までスクロールします。[カスタムライブラリを作成] フィールドに、作成するカスタムライブラリの名前を入力します。[+] をクリックします。
  3. 一覧から新規作成した図形ライブラリをクリックします。ライブラリ名の横にある [チームで共有] ボタンをオンにします。

これにより、チームメンバーがあなたの図形ライブラリを各自の Lucidchart アカウントに追加し、ライブラリに保存されたあらゆる画像を利用できるようになりました。カスタムライブラリへの画像の追加は、キャンバスからドラッグ・アンド・ドロップで行います。

図形マネージャー

YouTube や Vimeo 動画の埋め込みは以下の手順で行います。

  1. ツールボックスで [+図形 ] をクリックするか、[M] キーを押して図形ライブラリマネージャーを開きます。
  2. 動画の図形をキャンバスへドラッグします。図形をドロップすると、YouTube または Vimeo の URL を入力するよう促すダイアログが表示されます。
  3. YouTube や Vimeo のリンクを追加し、動画を埋め込みます。

図形をダブルクリックすればいつでも URL を変更することができます。プレゼンテーションモードの場合や埋め込まれた図では、図形をクリックして図形内で動画を再生できます。PDF に動画図形を含めた場合には、図形をクリックすると YouTube や Vimeo の URL へ移動します。



関連する記事
他の図形へのアクセス
SVG ファイルをインポート
図のインポートとエクスポート
線とオブジェクトの描画